①2011年6月16日以前の活動報告
②2011年6月17日~7月31日の活動報告
③2011年8月1日~10月2日の活動報告
④2011年10月3日~12月25日の活動報告
⑤2012年1月6日~7月8日の活動報告
⑥2012年7月9日~10月28日の活動報告
⑦2012年10月29日~12月27日の活動報告
⑧2013年1月8日~3月31日の活動報告
2013年4月1日~8月31日の活動報告
2013年9月1日~12月31日の活動報告 
⑪2014年1月7日~3月31日の活動報 
⑫2014年4月1日~9月30日の活動報告
⑬2014年10月1日~2015年3月28日の活動報告 
⑭2015年3月29日~10月3日の活動告 
⑮2015年10月4日~2016年4月2日の動報告 
⑯2016年4月3日~2016年12月24日の活動報告 

宮古ベースの活動報告(抜粋)

抜粋になりますが、宮古ベースの様子を掲載しております。



◆ボランティアの参加者が激減しています。
◆ボランティアのご協力を頂ける方は、先ずは、ご登録を。ご協力お願いします。


          「ボランティア募集概要」 
    「ボランティア申込・登録用紙」


■2017年4月からは1週間ごとに月2回活動を行う予定です。
 ご理解とご協力よろしくお願いします。



2017年6月4日(日)~6月10日(土)

<TOPICS>
■岩泉町のボランティア受付窓口の町民課・保健福祉課に今後の活動の確認を行い、半日開催で一日2か所開催を希望され、各所を回って様子を見てほしいと希望されている。可能な限り回ってみることとしたが、実際に仮設で話を聞いてみるとじっくりお話を伺う必要を感じ、原則一日一箇所を訪問することでお願いし、訪問先は町で決めて頂くことをこちらからの希望とする
■岩泉町では被災のことなどをお聞きし、個々人では辛さを胸のうちにため込んでいらっしゃるように感じられた。また、衣類の不足も訴えられていたので、対応を検討することとする


⇒今週のボランティアは2名から3名
⇒移動カフェ・・・白浜・児童相談所、山田町の北浜口バス停・山田病院裏、岩泉町の稲荷の仮設住宅

白浜仮設では、久し振りの青空とのことで通院の方が多く、普段の半分程度の参加人数だった。しかし、その分じっくりとお話をうかがえた。白浜生まれの白浜育ちの方は、シラス漁の時は茹でたり干すために散らしたりの作業で眠る暇がなかったこと、嫁に来て辛いこともあったが、白浜はとても良いところだったと言う方、道路がなかった時は水や灯油を担いで運ぶのが大変だったこと、大きな家(流された・・)に4世帯家族で仕えるのが大変だったが、一人でウニやアワビを獲る技を覚え楽しかった、またやりてぇ(80代の方)など、昔の話題を楽しそうに話してくださった。

⇒北浜口バス停仮設では、
仮設住人2人、公営住宅から6人が見えた。公営住宅での自治会リーダーが決まらないとのこと。住民のつながりを作るためラジオ体操をしようか等と話しておられた。社協職員が3人来て1時間ほどおしゃべりに加わった。唯一の男性はかなりの高齢で早めにお帰りになった。(こちらの工夫不足だったか?)昼には皆さんで食事をされる様子なので先に失礼した。先日の奏楽の演奏の評判は上々だった。

⇒山田病院裏仮設では、
丁度開店時刻に見えた方は、豊間根の仮設から転居して来た方で、ボランティアさん(豊間根在住)と話が合い、共通の知人もいて話が弾んだ。造成中の高台に家を建てる予定だがまだ先になるらしい。問わず語りに、震災時列車に乗っていて乗客の皆と高台に避難したこと、娘と再会してご主人を探し回ったこと、二日後に亡くなったことが分かった事等を話された。来室者が一人だったのでお話しになったと思われる。

児童相談所仮設では、盛岡からのボランティア2人参加。時間がずれて徐々に集まり結局は5人が来店。公営住宅に住む方は、公営住宅は知らない人ばかりでやはりここがいい。一人でいるとボケてしまうと。足をくじいた方は
Nさんが車で迎えに行って連れて来られた。初対面のボランティアにも病のある家族への対応の大変さなどを話しておられた。漬物のこと、梅ジュースの作り方、延命治療のことなど、様々な話題が上った。また幼児のかわいらしい言動が注目を集めた。15時半社協と面談。活動状況、課題、今後の方針等について聞き取りがあった。公営住宅に◯さんを訪ねた。当人は入院中で奥さんと立ち話し、月末に退院だが車いす生活が予想されるとの由。

⇒稲荷仮設では、
午前8人、午後は新たな3人を加えて6人がいらした。カリタスにとって初めての訪問だったので簡単な自己紹介の後「大変でしたね」と声をお掛けしたところ、皆さんが次々に水害に襲われた時の様子や極めて短時間に水が押し寄せたこと、木の枝などが飛んで外に逃げることもできない恐怖などを、まるでつい先日の事のようにお話しになった。お昼には一旦お帰りになったが、午後に新たに来られた方も同様で、終了時刻過ぎまでお話しが途切れない。もっともっとお聴きする必要を感じたので、役場には、原則1日1ヶ所訪問にして欲しいと依頼してきた。

※夏物の衣類が無いとの訴えがあった。


2017年5月21日(日)~5月27日(土)

⇒今週のボランティアは2名から3名
⇒移動カフェ・・・清寿荘・崎山の仮設住宅、八木沢・近内の公営住宅、岩泉町滝の上

八木沢公営(はれ)では、住民2名と社協の方2名の4名でした。社協の方が声掛けに行ってくれましたが月曜日で病院への診断、外出の方が多く結局2名だけでした。いろんな仮設からこられた方が多く社協でも説明会などを開いてもなかなか参加する人が少ない様でした。

清寿荘(はれ)では、津軽石でお
2人を乗せて仮設へ向いました。以前赤前の仮設から引越しされて来たご高齢の方がこられて例の「恋の山田線を歌ってくれました。午後からある方がこられ、市役所から相談があり公営住宅の入居面積が狭くなるみたいと悩んでおられた。

崎山仮設(くもり)では、はだ寒い日となりました。漁師の息子さんからもらった、くぼ貝を沢山、めかぶ(かいそう)、うるい(野菜)きゅうりの漬物を持参して下さいました。持って来た
3種類のパン、盛岡教会から頂いた福田のパンと十勝カルメル会と函館女子トラピスチヌのお菓子を美味しく頂きました。◯さんは毎日2時半に起きて漁師の息子さんを送り出し6時過ぎには帰宅、朝の食事の仕度を40年続けて来た事を、お話してくれました。

近内公営(小雨・くもり)では、朝から小雨が降って寒いです。すでに談話室のポットのお湯を◯さんのご主人が準備して沸かしておいて頂きました。コーヒー準備に取り掛かっていると社協2名含め
19名。内、男性2名がこられました。コーヒーも立て続けに4回落してからカリタスの自己紹介をさせて頂きました。今日は民生委員の方もこられて何か悩み事があったら相談して下さいとお話されていました。久振りに賑やかに多くの皆さんがこられて忙しいカフェとなりました。

岩泉町滝の上では、8時に佐原を出発して1時間弱で岩泉社協に着きました。社協職員の方の案内で滝の上仮設集会室に
30分程走って到着しました。社協では仮設住民や近くの被災した家の方々にポスターを作って配って頂いたので12名集まって頂きました。コーヒーを飲みながら4人位ずつに分けて楽しそうに話して頂けたので良かったと思います。又来て下さいとお誘いがありました。帰りに先日樂奏の演奏会を行った「てどの蔵」に寄りました。古い趣きのある蔵で天井も高く素晴らしい処で近日寄席もあるそうです。


2017年5月7日(日)~5月13日(土)

⇒今週のボランティアは2名から4名
⇒移動カフェ・・・実田(中止)・荷竹・なかよし公園の仮設住宅、西町2号棟公営住宅、岩泉町中野仮設住宅

実田では、強風の影響でJR八戸線が大幅に遅れ、三鉄が午後1時まで運休となり宮古到着が午後3時過ぎとなり社協に連絡を入れて中止とさせていただきました。

荷竹では、いつもの3人を津軽石の公営住宅で乗せて仮設へ向いました。昨日の強風から一転して初夏を感じさせるような日差しがそそいでいました。公営住宅の集会室は自由に使えないようで毎月の荷竹でのカフェを楽しみにしているようでした。11時過ぎに元会長さんが散歩の途中だと言って顔を出してくれました。その後いったん帰りましたが車で奥さんを連れて戻って来ました。久振りの再会と言うことで仮設での生活の事や他の人の消息などなつかしそうに話されていました。

なかよし公園では、5月のスケジュール表には今日のカリタスカフェがぽつんと記されているだけで他のイベントはないようでした。いつも11時すぎないと見えないところですがお昼になっても誰もみえません。同行したボランティアのIさんはTさんが編み物をしたいと言っていたので来るかもしれないと待っていました。しかし皆さん都合が悪かったのか案内が届いてないのか結局今日は誰も見えませんでした。

西町2号棟公営住宅では、到着するとすでに集会室の鍵は開けられていました。準備に取り掛かっていると1時にはほぼ皆さんが集まりました。コーヒーも立て続けに3回落して一段落でした。4グループほどにわかれて皆さん話に夢中になっているようでした。久振りに賑やかで活発なカフェとなりました。

岩泉町中野仮設では、8時半に宮古を出発して1時間弱で岩泉社協に着きました。早速社協の職員さんの案内で仮設集会室に到着しました。初めてのカリタスカフェ開催のため職員さんも積極的に会場設営をして下さりました。社協では仮設住民や近くの被災した家の方たちにも案内を出していましたので皆さん集まって頂きました。被害にあった家の修理やリフォームが現在も続いているようですが業者や資材のやりくりでなかなか一気に進んでないようでした。初めてのカフェを大変喜んでいただき次を楽しみにしているということで今回は初回でもあり午前で終わらせていただきました。


2017年4月23日(日)~4月29日(土)

<TOPICS>
■アンサンブルグループ奏楽(SORA)の演奏会が今年の春も9か所で行われ、好評を頂き再来を求められました。
  今回は、ピアノ・オーボエ・ファゴット・バイオリンにソプラノの組み合わせでした。


⇒今週のボランティアは2名から7名
⇒移動カフェ・・・実田・崎山・西ケ丘の仮設住宅
⇒奏楽(SORA)演奏会・・・宮古市(宮古教会・西町五公住1号棟・鍬ケ崎公民館・金浜農漁村センター)、山田町(ホームとよまね・病院裏仮設・北浜口バス停仮設)、岩泉町(てどの蔵)、田野畑村(ハックの家)

宮古教会2318:00-19:45) これまでの演奏会で最も沢山の方がいらしてくださった。メンバーは「ただいま」と挨拶、顔馴染みも多かったが、ニューフェースも。17曲を熱演。皆さん満足して帰られたようだった。

⇒ホームとよまね
2410:00-11:10)高齢者グループホーム入所者18人、近隣住民16人、職員11人。施設のホールにあるだけの椅子を並べるが不足だった。ホームの経営者(女性)は傾聴ボランティアグループの会長をしておられるが、活動は縮小している様子だった。

⇒病院裏仮設
2413:00-14:10)集会室は狭く、演奏者と聴衆の間は2mほどの至近距離で、楽器も歌もとても大きく聞こえた。公住の元住民が約23。誘われて仕方なく来られた風の方々も、終わりにはとても満足された様子だった。

⇒北浜口バス停仮設
2415:00-16:15) 道路工事の為迷ってしまい、行きつくのに時間を要した。近くの復興公営住宅からの方が多く、歩いてくるのが大変そうな様子ではあったが、「こんなに間近でソプラノを聴けて良かった」「心の底まで浸みました」と感動の声が上がり、演奏者に握手を求める方が多かった。

⇒西町公営
1号棟2510:30-11:30)5歳男児は幼稚園を休んで参加。ピアノを習いたい由で、演奏をすぐ側に行って眺めたり、ピアニストに「きれい、大好き」と声掛けしたりと屈託なく場を和ませた。男性も4人来られ、皆さん喜んで帰られた。

⇒鍬ヶ崎公民館
2513:00-14:10)昼食を用意して待っていてくださった。顔見知りの元仮設住民も多く、久しぶりの再会が嬉しかった。半分の方は、その後の健康体操に参加の為残られた。

⇒金浜農漁村センター
2515:30-16:40)開錠が遅く少し焦っての準備だったが、次々と御詰まって下さり、男性も6人来られた。有名歌手の演歌には大きな拍手。「今までにあったイベントの中で最高だった」「CD買いたいです」の声もあり、握手をして帰られた方が多かった。

⇒てどの蔵
2611:00-1210)生憎弱いながら雨で来客は多くはなかった。築150年の蔵の中での演奏は独特の雰囲気だった。社協の職員やボランティアがセッティング等を手伝ってくださり助けられた。「また来て下さい」「力付けられました」の声が聞かれた。宮古での演奏を聴いてもう一度聞きたいと来られた方が3人いらした。

⇒ハックの家
2614:00-15:15)通所者・職員合わせて30人程が待っていてくださった。知っていた歌を演奏が終わってからも大きな声で歌ってくれる人がおり、拍手が沸いた。終わってからは握手や写真撮影等が長い時間続いた。ピザパイの昼食や飲み物をご馳走になった。

⇒実田 
公営住宅から歩いて来られた方が多い。いつも豪快に話をされる〇氏は、病悪化で歩行が困難とのことで奥さんだけの参加。初顔の方も
2人来られた。O氏(この仮設住まい)が忘れものを取りに来たついでと顔を出され、皆と久し振りに再会。小さい頃近所に住んでいた方の話が耳に痛かったようで、頭を掻き掻き。皆さん会話を楽しんで、「こうやって笑うのがいいんだよね」と、終了時刻になっても立たれず、我々が先に辞した。

⇒崎山 
近所に住む〇さんが一番乗り。耳が遠いので時に話がかみ合わないこともあるが、大きな声での話は皆を笑わせる。寡黙な男性も、声を立てずに笑っていた。◯さんは竹を割って怪我された由、治療してもらったがまだ痛いと家事を心配しておられた。漁師の家で育ったので、魚の美味しさに敏感でスーパーの魚なんかとても食べられない等、ほぼ独演会だった。

西ケ丘 相変わらず話を面白おかしくして皆で大笑いだった。
86歳の方はバイクに乗って来ておられ、皆が心配して十分注意するよう何度も念押しされていた。岩手の温泉に行く希望のVlr.に、温泉大好きの◯さんはいろいろアドバイスして下さった。この3か所で、北海道から送って頂いたイモ餅をお出しし大好評。


2017年4月9日(日)~4月15日(土)

⇒今週のボランティアは2名から3名
⇒移動カフェ・・・鍬ケ崎・中里・愛宕・浄土ヶ浜・なかよし公園の仮設住宅、上鼻・磯鶏の公営住宅

鍬ケ崎小仮設(晴れ 8人)では、940宮古到着後、一旦佐原に寄って準備してからとなるので1030活動開始。8人の皆さんはすでに待っておられた。震災当時の苦労話となったが時には笑い声で話している様子を見るとこれまでの時間を経てきた落ち着きを感じます。仮設のイベントカレンダーをみると週3回のスケジュールいっぱいでした。主なイベントは次の通りで、いずれも地元ボランティアによるもの。
   よっとでんせカフェ
②日赤ノルディックウォーキング
③絵手紙教室
   いわて教会サロン⑤音楽療法(個人)
⑥臨床心理士会サロン


⇒中里仮設(晴れ 8人)では、高台にあるここの仮設に上がってくるのが大変、6年前から比べると体力が無くなったねとお互いに話しておられた。ここでは高齢者を対象にしたサンホームみやこサロン(デイサービス?)が毎週金曜日に開催されている。近いうちに新築の自宅に移る予定の方が3名で、その中のお一人がここを出たらこの集まりには来れないと言っていた。その理由は仮設を出たらそこで自立する、いつまでも甘えてはいられない。カリタスさんももう来なくていいのよ。このようなお言葉を聞いたのは初めてでした。

愛宕仮設(曇り 
6人)では、今年に入って4回目のカリタスでした。6年前の震災直後のとても辛い体験談でしたが、重病で一緒に避難していたご主人に対して向けられた辛辣な言葉が今でも心に大きな傷になっていること、逆に札幌のお医者さんの一言に大きな慰めを得たことなどを分かち合った。盛岡のボランティアTさんがとても上手に話し合いに入っておられた。

⇒浄土ヶ浜仮設(曇り 
4人)では、いったん佐原に戻って3人で昼食(カップラーメン)をとりながら、これからのカリタスの活動計画などについて話した。一緒に岩泉に入る事については特に異論はなかったが、山田町に入る事には被災者の心情として今更という感じがあるのでは、などと話した。さをり織りの作業は、まとめ発注(サーモンくん、みやこちゃん)に備えての在庫作りに忙しく、午前中から作業しているようでした。しばらく手を休めて一緒にコーヒータイムをとって懇談してくれました。

⇒上鼻公営(曇り 
6人)では、普段からそれなりに良いお付き合いをしていると思われる6人が揃って、時間までゆっくり談笑されていた。管理人さんが明るく皆さんのお付き合いも円滑な感じです。集会室使用料請求はありませんでした。ヤカン、ガス有り。

⇒なかよし仮設(曇り 
4人)では、集まりが遅く2時過ぎに4人となった。連絡を取って誘い合わせて来てくれましたが、短い時間でも顔を出してくれたのは申し訳ない感じです。演歌歌手の宮古公演を楽しみにしており、チケットの手配を頼まれて早速連絡していた。歌と体操のサロンという社団法人「東北音楽療法推進プロジェクト」が盛岡から定期的に(年6回)仮設訪問している。被災者が求めているものも時間とともに変化しているということでしょうか。

磯鶏公営(曇り 1人)では、社協お2人で戸別訪問してお誘いしたが1人のみ参加でした。山田町出身の方でしたが、いずれは山田町の公営に移りたいと思っていたが、いったん入居した公営を変える事が出来ない規則になっているとのことでした。使用料支払い。ヤカンなし、ガス使用不可。



2017年3月26日(日)~4月1日(土)

⇒今週のボランティアは1名から3名
⇒移動カフェ・・・中里・崎山・清寿荘・浄土ヶ浜の仮設住宅、金浜農魚村センター、津軽石公営住宅

中里(くもりのち小雪のち雨)では、到着すると3人の方が来られていました。まもなく4人が来て7人になりました。何時もはどこへも出かけないけれどもカリタスさんのある日だけは、出かけるのを楽しみにしていると話してくれたおばぁさんがいました。Mさんがワンタンの皮にりんご、納豆を入れた物を八つ橋の形にして油で揚げ持参下さり、パリットとした食感で大変美味しく頂きました。いつもの様にボランテイアSさんの手造りパウンドケーキを美味しく頂きました。話題は鍬ヶ崎の復興状況が中心に話されていました。3時を過ぎたので帰る準備をしていましたがまだ残ってお話しをされていました。

⇒金浜農漁村センター(晴れ)では、
9時に宮古教会で盛岡のボランテイア
.待合せて金浜農漁センターへ向いました。高浜を過ぎてから山側へ入って新しい公営住宅の3軒下に立派なセンターがありました。社協から2名の参加がありました。厨房は広く15畳程あり、集会室は備え付けの舞台も設置されていました。来られた方のうち6名が河南の人々でしたのでいつも大きな声で笑うSさん中心に同窓会の様でした。普段は交流されていないと言う。公営住宅も新しく、自宅も新築されていて自宅に遊びに来て下さいとお誘いがありました。カリタスさんにはドテラ、ひざ掛け、お菓子など沢山頂き感謝していますと話されていました。来月このセンターで奏楽の演奏会があります。皆さんに是非参加下さいとお伝えしました。

崎山(晴れ)では、宮古教会の
Iさんとで談話室へ伺いました。何時もの方達がこられました。今日は皆さんが持ち寄った食べ物、煮りんご、コーヒーゼリー、オレンジ、菓子パン、根株昆布、おにぎり、キムチ、とコーヒーを飲み、食べながらお話しをしましたが、沢山食べて皆さん幸せそうでした。

⇒清寿荘(晴れのち曇り)では、
公営住宅前で
2人をのせて清寿荘へ向いました。談話室前の駐車場で.いつもの3人兄弟姉妹が遊んでいました。赤前から来られた93歳のおばぁちゃんが恋いの山田線小唄を奇麗な声で披露してくれました。談話室で話している時に昨年11月に亡くしたOさんのご主人の遺言書が出てきて、震災後新築した自宅の事について達筆で夏に海水浴に来た時、別腹にしたら良いと書かれていましたという?どう解釈したらいいべすかと考えていたという。あとで息子さんが来られて読み直すと。かあさんこれは別腹ではなく、別荘にしたら良いでねいスかという。大笑いしました。

浄土ヶ浜(朝方小雪のち曇り)では、佐原ベースを出掛ける時、小雪が降りました。到着すると
Sさんがすでに来られていて部屋を暖めていてくれました。まもなく皆さん揃って、さをり織りの作業をしながらお話しをしておりました。浄土ヶ浜の売店でサーモンが売れているという。作業中「サーアーリエ」という言葉が聞こえたのでお聞きしましたら宮古の方言で びっくりした 失敗した時のてれかくしなどの時に使うそうです。しばし宮古弁の話で盛り上がりました。

津軽石公営住宅(曇り)では、9時30分に到着するとすでに暖房も入りお湯も沸かしておいて頂けました。世話人1人でしたので皆さんが積極的に手伝ってくれました。今日は
babaカフェだねと笑っておられました。来られた方々は荷竹、清寿荘、児相と半数以上が元仮設におられた人達でした。男性も2名が来られて参加者15名でした。コーヒーとお茶を飲みながら団欒さていました。最後にお手玉を使ったゲームで大笑い、今日は楽しかったと言って帰られて、とても良いカフェになりました。


2017年3月20日(日)~3月25日(土)

⇒今週のボランティアは2名から4名
⇒移動カフェ・・・荷竹・なかよし公園・愛宕の仮設住宅、鍬ケ崎公民館、西町第2公営住宅

鍬ヶ崎公民館では、館長さんが暖房を入れて待っていてくれました。今日は25名位きますよと言われたので生協へ菓子を買いに走りました。宮古のSさんもカステラをいつもの倍用意してくれました。10時半過ぎ12名と幼児1名見えたがその後来場者は有りませんでした。晴天、彼岸で皆さん墓参り行かれたそうです。テーブルでは公営住宅組と以前おでんせプラザに来ていた組に別れて座られていました。 鍬ヶ崎に出来た岩手で初めてのロータリー交差点や、ほぼ完成された道路の話題でした。ここに来て鍬ヶ崎に住宅を建てる方が減り復興開発が遅れているそう。公営住宅3Fで海が見えないと嘆いていました、港に魚が上がらないのも活気が無い原因だそうです。

⇒荷竹では、
津軽石公住で
3名をお乗せし向かいました。社協さんが暖房を入れていましたが1か所が故障で昼近くまで寒かったです。その後仮設の方が来られ昼にぜんざいを食していただきました。社協さんも12時まで話に加わりました。午後からは津軽石公住の◯さんの心配事でしたが、本人がおられるのですが難聴気味で先日も転ばれ、周りの方が危なくてみていられない状況だそうですが本人が大丈夫と言っている様子です。会議の為2時に早退し3人を送りました。

なかよし公園では、9時半過ぎ到着すると社協2名とネイルの方2名来ていました。コーヒーのサービスして昼までに
11名が見えました。社協からも4名が見え、ボラ3名を合わせると20名になり大混雑でした。昼食を持参していましたので焼きそばを小分けにしていただきました。宮古教会ボランティア1名来ていただいので助かりました。1時過ぎよりは2グループに分かれて話し合っていました。宮古文化ホールに来る歌手等の話題で皆様、月2回も券を買っておられる様で明るい表情が見受けられました。

西町第2公営住宅では、施錠されていて社協に電話して解錠していただいた。1時すぎより順次来場され12名が来られた。公住住民と地元住民が約半々でした。社協2名来られ司会をされ自己紹介をしていただきました。こらからお互い良く知りあって楽しく過ごしてく下さいと話された。西町には集会室、町内会館がなかったのでこれから利用したいと話しておられた。5つのグループに分かれて話し合いしました この集会室を利用するに当たってヤカンや利用費用をどうするか等話しておられた。町内自治会との融合が少し感じとられました。

⇒愛宕小では、
9時半2名が談話され、
10時過ぎには8(男性3名)来られた。本人および家族のご病気の話でした。社協2名も話題に入り、昼食は利尻ラーメンとおにぎりを食していただきました。午後からは選抜野球を見て盛り上がっていました。今日来られた方は仮設住宅が3名、転出の方5名でした。


2017年3月12日(日)~3月19日(土)

<TOPICS>
■今週の活動は一日2か所でほとんどが公営住宅で開催。今後は、地元の社会福祉協議会の地域支援業務をサポートする方向に向かうような気がします。
さ・わ カフェ報告…支援関係団体の参加者はカリタスを含めて8団体、以前より少なくなっていました。
3グループにわかれてのフリートーキングでしたが、今後公営住宅でのイベント開催を続けていくうえでの問題点、住民の自主運営とのバランスなどの課題について意見交換しました。


⇒今週のボランティアは3名から4名
⇒移動カフェ・・・実田・田老グリーンピアの仮設住宅、八木沢・宮町・本町・実田・崎山の公営住宅、南公園みなみ会館、西ケ丘コープ、田老三王研修センター

八木沢公営住宅では、先月訪問したときと同じ3名の他に、初めて参加した2名(男性1名)と社協2名も加わって総勢11名でテーブルを囲み賑やかな集会となった。一緒に歌を歌いましょうと歌詞カードを持参してこられた方の音頭で、5曲ほど皆さん声を揃えて元気に歌った後ゲームも始まり、汗をかくほど笑って楽しかったと喜んでおられた。集会室のホワイトボードには、住民集会で新年度の管理人、班長、共益費などについて話し合われた記録が残されており、自治に向けて少しずつ進んでいることが感じられた。

⇒南公園みなみ会館では、
町内会長さん(84歳)以下11名の皆さんが10時開始と同時に2階の大広間(20畳)に集合した。以前に仮設住まいの方はゼロで殆どの皆さんは町内会の常連さんでカリタスカフェは初めてでした。社協さんからカリタス紹介もあって、皆さん興味津津と言った感じでした。参加者17名全員の自己紹介ゲームなどで盛り上げ、最初は寒かった大広間でしたがすっかり暖まって皆さん笑顔一杯に今日はとても楽しい集会でしたと喜んでいただいた。今回の社協のセッティング意図は、これまでの被災者支援というより地域交流を重点に置いているものと思われます。

⇒宮町公営住宅では、
公営に住んでいる方は2名、町内の方が5名でした。公営で管理人を担当している50代の女性が共益費の徴収や町内会との連絡などに苦労している話が続き、20世帯の共同生活のなかで、話し合いの場に人が集まらず、役割分担も進んでいないという悩みがあるようです。今日のカフェで町内会の人達と交流できたことを喜んでおられた。

⇒西ケ丘コープでは、
生協コープの2階集会室で普段から会員さんの利用に開放している場所でした。今日はあいにく近くの公営で生協サロンの開催日と重なっていたので集まりは少ないとのことでしたが、5名(男性1名:民生委員)の参加でした。元仮設住まいの方1名以外は地域住民でカリタスは初めてでした。宮古の方言などで話も盛り上がり、初めて集会に参加した男性は「来て良かった楽しかった」と言ってくれた。

⇒本町公営住宅では、
市の中心本町にある8階建ての最大規模の公営住宅で、午後から続々と15名(男性2名)が勢ぞろいして賑やかに談話が始まった。お互いに普段から仲良くお付き合いしている雰囲気が伝わってきた。残念ながら集会室は水道もガスも使えない、トイレも使用禁止状態でしたがコーヒー、お茶出しはフル稼働でした。カリタスを良く知っている方は2名おりましたが、大半ははじめての方々で、社協からカリタスの紹介もありました。90分の間に皆さんとゲームや歌で交流し、最後にはS竹さんが持参した大量の服地を皆さんに提供して大変喜んでいただいた。

⇒田公営住宅では、
入居世帯15戸(空き2戸)、参加者5名でお昼まで残っていたのは2名でした。公営向かいに住む町内会長さんに会ったのでお誘いしたが来ませんでした。会長さんの言葉によれば「ここはまとまりが悪いよ」。地域とのコミュニケーションには様々な難しさがあるようです。残ったお2人は
311震災当時の避難した状況から、そのあとの苦しかった避難所生活を思い出すのも辛いと言いながら詳細に語ってくれた。今日の集会は傾聴に徹することになりました。

⇒実田仮設住宅では、
午後の早い時間から皆さん揃ってみえた。月に一度のカリタスカフェを楽しみにして来られている様子がよく分かります。最近は仮設での開催が少なくなっている状況をお話しすると同時に、カリタスはしばらくこの活動を社協と連携しながら続けることもお話しすると皆さん神妙に聴きながら納得されているようでした。

⇒田老三王研修センターでは、
田老地区高台の造成地にアパート、個人住宅が建ち並びその真中にある研修センターは広々としたワンフロアーの集会室になっている。男性4名を含む16名の方が次々と集まって来られた。11時過ぎに社協(田老福祉センター)が見えたので挨拶し皆さんの懇談に加わった。皆さんは田老グリーンピア仮設にいたころからそれなりに交流している様子がうかがわれた。親子2人(息子さんと)で参加した方はいったん皆さん帰った後、わざわざ戻ってきてクラフト手製の籠を4個届けてくれたのでありがたく頂いた。

⇒田老グリーンピア仮設住宅では、
14時過ぎにご夫婦がみえた。誰も来ていないのをみて友達に電話して呼び出してくれた。近いうちに田老の新築に移る予定とのこと。
現在はわずか27世帯が残っており、仮設商店街で残っている3軒の店も移転予定であると聞いた。


2017年3月5日(日)~3月11日(土)

⇒今週のボランティアは3名
⇒移動カフェ・・・西ケ丘の仮設住宅、近内・西町1号・黒田町・田老館が森(分団)の災害公営住宅

西ケ丘仮設住宅では、
到着すると男の子が玄関前で一人遊んでいました。どうやら昨年の水害で移ってきた仮設の子のようで準備していると中へ入って来ました。今日は保育園がお休みとのことでボランティアのMさんと折り紙をしたり絵を描いたりして遊んでいました。その後いつもの皆さんが集まりその様子をみてまるで親子の様と言われていました。集まった皆さんは明日もある(近内公営)といいながら3時過ぎまでゆっくりとおしゃべりをしていつものように皆さんで見送りをしていただきました。                                       

⇒近内公営住宅では、
9時半過ぎに着くと丁度社協さんが来て管理人さんに鍵をあけてもらうところでした。オープン時間から続々と皆さんが集まりました。ここの公営は2棟あり一方がペット可の住宅です。イベントは結構開かれている様ですが社協さんの話では2棟の交流が今一とのことでした。それでも今日は2:1の割合の参加でした。やはり14名となると皆さんで1つの話題になるのは難しく3か所ぐらいに分かれて話がなされていました。ボランティアも3名でしたのでそれぞれに分かれて話をされていました。終了時に管理人さんに会場費を支払おうとしたら自分達の集まりだからと言って辞退されました。少しでも自立をめざそうとしている気持ちを感じました。

⇒西町1号公営住宅では、初めてのカフェ開催場所でした。到着するとすでにテーブルや座布団がしかれていました。町内会長さんと管理人さん達が準備をしてくれていました。以前は町内会の集会所があったそうですが取り壊しとなり公営住宅と共用になったそうです。会長さん(被災者ではない)の話によると町内200世帯ありますが高齢化が進展し小学生も5人で、空き家も増えて来たそうです。ご高齢ですが民生委員も兼務されているそうで町内で救急車の音を聞くと心配でとはなされていました。町内のコミュニケーションの場として賑わってほしいと思いました。

⇒黒田町公営住宅では、ここもカフェははじめての開催でした。昨年の4月に奏楽の演奏会が行われた以来ということでした。今年も是非聴きたいといっていました。参加者は7名でしたが3名は町内の方で少しずつ交流が行われているようでした。ただ使用頻度が少ないようでガスとお湯はまだ使えない状態でした。町内の方は津波の直接被害がなかったようで当時の津波が襲って来た瞬間の逃げた様子の話を感心して聞いていました。公営の住民の方がぽつりと言った「仮設の時の方が楽しかった」と言う言葉が印象的でした。

⇒田老館が森(分団)では、
田老に入ってすぐの館が森の公営住宅の裏にある消防団の2階が会場となっていました。田老の社協の方がすでにきておりテーブルや暖房の準備をして下さっていました。椅子用のテーブルとファン型石油ストーブ、灯油は社協の持ち込みでした。公営住宅に集会室が無いため分団を借用しての初めての開催でしたが
11名(内男性3名)の方にきていただきました。参加された皆さんに大変喜んでいただき初めてのカリタスコーヒーを褒めて頂き、是非次も開催してほしいと頼まれました。ただ会場が2階のため足の不自由な方は難しいと言っていました。


2017年2月26日(日)~3月4日(土)

⇒今週のボランティアは2名から3名
⇒移動カフェ・・・中里・高浜・児童相談所・白浜・鍬ケ崎小の仮設住宅

中里(はれ)では、前日連絡があり宮古教会のWさんが急遽支援に来てくれました。9時50分到着すると社協支援員さん2人が来て暖房を入れていてくれました。支援員さんが今日は午後からではなかったですか?と言う。談話室の掲示版には13時~となっていました。折角ですからと言って住民さんに声掛けをしてくださって3人が見えました。午後からは7名来られて賑やかにお話しをされていました。新築住宅の設計図を見ながら入居を楽しみにされている事を話されていました。

⇒高浜(はれ)では、自宅や公営住宅から仮設談話室へ歩いて来られるのに
.談話室は少し高台にあるので良い運動になると息を気って入ってこられました。いつもの様に和やかに談笑されていました。宮古教会のIさんが持参された、りんごとスパゲテイを作ってくれました。皆さん美味しいといって食して頂きました。テレビ台の棚の中に「祈り平和・希望と喜び・感謝」と云うタイトルのCDがあって札響のコンサートマスター大平まゆみさん他2名の演奏のCDを心静かに聞きました。

⇒児童相談所(快晴)では、
朝から天気良く日差しが暖かく感じる日となりました。盛岡のお2人と談話室へ向かう。Yおじいちゃんが最初にやって来て、まもなく皆さんが揃ってコヒーを飲んでいると元支援メンバーのT氏が来ました。福島へボランテアに行ってきた南相馬の放射能の現状を話してくれました。 
東日本大震災後手つかずの住宅が立ち並び、放射能汚染されてしまったY牧場、収入がない中、国からの殺処分の養成があったが、一緒に生活を支えてきた牛を見殺しにはできないと言って、寄付だけで牛を飼育されているという。その牧場で、何も知らないで生きている牛の目を見ると、目頭が熱くなったとT氏は語ってくれました。

⇒白浜(はれ)では、
盛岡の支援者お2人を宮古教会で待ち合わせ、教会におられたT神父に出発の祈りの後、祝福を頂き白浜へ向かう。9時半に到着するとすぐに皆さんがお揃いになった。コーヒーを飲み始めた頃に、珍しくN班長がこられて、仮設住宅が撤去された時自分達のコミューテイをどの様にして行くか住民皆さんで考えてほしいと話されていました。その後社会福祉協議会の相談員新人さんと2人で連れだって話の輪に入って耳を傾けていました。私達が帰った後も集会をされていました。

⇒鍬ヶ崎小(くもり時々小雨)では、宮古教会から急遽Eさんが支援に入って頂けました。有難い事です。寒い朝でしたので、北海道は寒いのでしょ?と言う。うん・・・少し残雪がありますが宮古と殆ど変りません。ただし日差しは宮古は強く暖かく感じますと答えました。皆さん楽しそうにだんらんされていました。震災の時の話題になりましたが。客観的に話されていましたので聞く方は冷静に聴く事が出来ました。



2017年2月19日(日)~2月25日(土)

<TOPICS>
公営住宅でのカフェ開催が増えています。仮設では、すでに退去された方が多く見えますが、カフェ開催をとても楽しみにしていられるようです。やはり6年間培った絆は強く、「一人っこは淋しい」との心情が伝わって来ます。いっぱいおしゃべりし、笑いの絶えない集会が毎日続きました。
■山田町社協を訪問し、ボランティアセンター担当の方とお茶会等の実施状況を確認。山田町では30か所を月1回ペースで訪問中とのことで、活動いただけるなら組み入れたいとのことでした。
■岩泉町社協を訪問し、台風被害者へのサロン活動を社協職員が中心となり開始したとのことでした。カリタスに協力していただけるならありがたいとのことでした。カリタスジャパンからの暖房器具支援の仲介に対し感謝の言葉を頂いた。カリタスジャパンの支援に感謝です。


⇒今週のボランティアは2名から3名
⇒移動カフェ・・・清寿荘・愛宕・崎山の仮設住宅、西町2号・近内・崎山の公営住宅

清寿荘(曇り)では、3人を車で拾って談話室へ。着くと直ぐにT夫人が見え、「会いたかった!」と(父親が亡くなった由)また、ご主人が手術を受けて退院して間もないとのことで、何を、どう食べさせたらよいか等、経験者であるMさんからアドバイスをもらい感謝していた。赤前仮設から引っ越して来られたSさんをお誘いし、耳が遠くて殆ど聞こえてはいないながら、いつものように静かに微笑んでおられた。ボランティア手作りのカステラが大好評で、作り方を盛んに訊ねたが難しそうとのこと。奥さんは11月に亡くなったご主人の事を語られ、同居の息子さんが春に転勤で居なくなる淋しさも訴えておられたが、別れ際に「ああ、今日は楽しかった」と、何度も云われたのが印象的だった。途中清寿荘(施設)の職員1人と社協の職員2人も加わり、賑やかだった。

⇒愛宕(晴れ)では、
自宅から来られたSさんが開店と同時に来られ、その後、次々に5人が集まって賑やかなおしゃべりが始まる。肩や膝が痛くて大変な様子を訴える方、身内の方の闘病生活や看病の体験を語られる方、物忘れを嘆く方など。時に辛辣な冗談で返される方がいたりと、終始笑いが絶えず、
ボランティアが口を挟む隙がない。お昼はKさんが皆の為に美味しいうどんを作っていてくださった。北海道旅行の思い出も話され、もう一度行きたい、その時には案内を頼みたいとのこと。午後には、すでに取り壊された2中の仮設から引越しされたHさんも加わったが、すっかり溶け込んでいる様子だった。

⇒崎山(曇り)では、
山田町で被災し、当地に新築転居されたSさんが待っておられた。積極的な性格と言われる通り、皆さんとすっかり打ち解け次々と話題を提供された。山田町の数え歌も披露して下さる。耳が遠いので、時に話が噛み合わず、笑いが絶えない。単身男性のSさんは、声を出さずに笑いながら聞き、良く食べられた。パウンドケーキ、ワカメ、漬け物等皆さん持ち寄って下さり、ボランティアが作って行ったお握りと共に昼食もいただきながら時間一杯おしゃべりが続いた。

西町2号公営住宅(曇り)では、13時からカフェ実施。来客は地域住民と公住住民が半々。岩手県警から3人の警察官が来場し、3面スクリーン、スコープを使っての体験型交通安全教室がほぼ時間一杯行われ、軽妙な語りに誘われて皆さん楽しみながら積極的にお聞きになった。こちらはコーヒーとお菓子の提供。

近内公営住宅(晴れ)では、カップや保温ポット等を多めに用意して行ったが、開始直後に12、3人が見え、コーヒーを淹れるのが追い付かない状況でした。社協職員2人も加えると20人近くが一斉に話し、賑やかこの上なし。極めて限られた方としかお話しできなかったが、皆さん楽しんでおられる様子だった。孤独死が3、4件あったとのことで、公住の一人っこは不安だとの話から、何人かが互いに電話番号を交換したり、「今度飲みに来て」等関係が深まっていく様子が見られ、カフェ開催の意義が達成されていると感じた。ある男性は、せめて卓球台が置ける広さが欲しかったとご意見を述べられ、せめてカラオケセットくらい置いてほしいとも。
社協の方へ、カリタスが送ったカラオケセット・TVを利用者が居なくなった仮設から移設してはどうかと話した。

⇒崎山公営住宅(晴れ)では、30分程して近くの新築に住むSさんが、ワカメ摘みの作業を終えて来てくださった。その後、元仮設の自治会長のAさんが来られ、何人かに電話をされ、5人が集まった。この公住は高齢単身者がまた田老出身者が多いこと、日曜ならもう少し人がいるのだが、とのことだった。公住の人と新築家屋に住む人との交流会を集会所で開き、顔馴染みになったとのことで、会長さんのリーダーシップを感じた。



2017年2月12日(日)~2月18日(土)

⇒今週のボランティアは2名から3名
⇒移動カフェ・・・浄土ヶ浜・荷竹・なかよし公園・鍬ケ崎・西ケ丘の仮設、津軽石公営住宅

浄土ヶ浜仮設では、到着すると丁度皆さんお昼ごはんを食べ終えたところでした。タイミング良くコーヒーの準備をして飲んでいただきました。その後はおしゃべりをしながらも手を休めることなくさおりの作業をしていました。以前にも聞きましたが仮設が撤去になってもこの集まりを続けたいため集会室を譲ってもらいたい希望があることを話されていました。

⇒荷竹仮設では、宮古教会で盛岡からのボランティアさんとおちあい、いつものように津軽石の公営住宅で3人を乗せ集会室へ向かいました。今日は別の集まり(手芸)があったそうですがカリタスのカフェに来たとのことでした。すでに社協さんが暖房を入れてあったのでそれほど寒さは感じませんでした。しばらくすると自転車でこられた方、病院の帰りに寄ったというご家族、そして仮設の方といつものメンバーが1か月ぶりにそろい話が弾んでいました。

⇒なかよし公園仮設では、
普段あまり利用がないのか集会室は完全に冷え切っていて床もスリッパなしでは歩けないほど冷たくなっていました。◯さんが「こんにちは」でなく「あけましておめでとう」ですねと言いながらこられました。今日は予定があるので昼には帰ると言って他の方に連絡をしてくださいました。その後公営住宅に住む2人が見えお互いの住居の住み心地などはなされていました。帰りは丁度通り道なので公営住宅まで送り次回のカフェを楽しみにしている様子でした。

⇒津軽石公営住宅では、
9時半過ぎに到着するとすでに管理人さんや住民の皆さんでセッティングがされていました。荷竹、清寿荘、児相の仮設にいた方々が集まっていました。管理人さんが呼びかけをしていただき、男性も2人見えました。ご婦人がたの話に入れないようでしたが最後まで皆さんのはなしに耳を傾けておられました。ここは住民さんの自発的な集まり、サークルなども開かれる様になったとのことでした。

⇒鍬ヶ崎仮設
10時前には皆さん集まり大きな笑い声が飛び交っていました。コーヒーの準備ができおいしい言いながらと飲んで頂きました。住宅を建てた方、公営住宅へ移ったかた、そして建築の順番を待っている方色々な方がこの集まりを楽しみにしていました。お話が一段落した処でお手玉をつかったリズム体操が始まりました。リズムにあわせてお手玉を送るだけなのですが結構な運動となりました。お昼は持参したカップ麺をみなさんと分け合っていただきました。仮設が無くなったら何処で集まる事ができるのだろうかと心配していました。

⇒西ケ丘仮設では、オープン後まもなく皆さんがこられました。今日はある方が2回に分けて皆さんを車で送ってきました。早速、震災後から続いている八幡平の温泉旅行や公営住宅のお風呂の話などで盛り上がっていました。近内は新たに住所表示が変更になったとのことで市役所から変更案内のはがきを一軒
50枚配布になったそうです。また近内の災害公営住宅の名称の災害ははずされ一般の市営住宅になったそうです。したがって被災者でなくとも入居できるそうでした。そのため山口に移った方に引越してくるよう皆さんが誘っていました。


2017年2月5日(日)~2月11日日(土)

<TOPICS>
■今週は6日から9日までの4日間の活動でした。そのうち2日間は午前と午後にわけて2か所づつを訪問してカリタスカフェを開催させて頂きました。


⇒今週のボランティアは1名から2名
⇒移動カフェ・・・高浜・児童相談所・実田の仮設住宅、磯鶏・八木沢・上鼻の公営住宅

高浜仮設では、イベントカレンダーの開店時間の表示が間違っていたので、13時前に到着したら、皆さんは午前中から来て自分達で用意したお昼を済ませて待っておられた。お陰で集会室はすっかり暖まっていました。昨年12月以来のカリタスですが、ここでは様々な地元グループ(*4つ)によるサロンが催されているのでみなさんは昨日も集まっていたようです。いつもSさんの手作りケーキは好評です。最後はみんなで認知症予防によいといわれる?歌と簡単なゲームで楽しんでいただいた。
*4つの集まり…①臨床心理士会サロン(コーヒー付)、②歌と体操のサロン、③エムジョイサロン④岩手教会

⇒磯鶏公営住宅では、
介護が必要な方と同居している方が、津波で兄弟2人を目の前で流され自分は間一髪に幸運で助かったことなどを臨場感たっぷり止めどなく話された。最後に今日は久しぶりに話を聞いてもらえたと嬉しそうに帰っていった。住民さん同士お互いに初対面の方もおりましたが、なごやかに懇談されていた。

⇒八木沢公営住宅では、
40軒の公住ですが空きもあり、当初から集まりは少ないというので社協の呼び掛けで3名が参加した。ここでも震災当時の話しとなり、お互いの体験談をしっかりと聞き合う雰囲気で改めて当時の辛い体験を分かち合っていた。愛宕仮設にいた○おばあちゃんも、終始うれしそうに話し合っていたのが印象的でした。

⇒上鼻公営住宅では、管理人さんが部屋の暖房を入れ参加呼びかけもされたので早々と5人が揃った。これまでに社協が月1回定期的に集会をもっているほか、2ヶ月に1回はカリタスも来ている。集まる人数は限られ、集会室使用料も決められていないなどコミュニティはまだ途上かという感じです。今日の参加者は5~6人でもまとまりがよく、簡単なジャンケンゲームや歌で楽しい時間を過ごした。これからもこのような集まりをしていきたいと前向きな話しをしてくれた。

⇒児童相談所仮設では、
12時過ぎに到着すると既に集会室でクラフト作りに励んでおられた。4世代の家族もいよいよ4月には新築に引っ越しが決まり、夢いっぱいに楽しみにしている様子のお話しが続きました。これまで集会の中心であった方が移転した後の4月以降の対応について、社協に検討していただくよう口頭でお願いした。

⇒実田仮設では、
お隣さんに誘われて初めてカリタスカフェに参加した方で、震災時は家が半壊状態であったため修復するまで自宅で不自由な生活を余儀なくされていたことをお聞きした。みなし仮設と同様に支援が届いていなかった多くの方がいたことを改めて思い知る事が出来ました。被災者の皆さんは6年の歳月が過ぎる中で、今ようやく様々な体験を落ち着いて話しできるようになっているということでしょうか。



2017年1月22日(日)~1月28日(土)

⇒今週のボランティアは1名から3名
⇒移動カフェ・・・なかよし公園・中里・鍬ケ崎の仮設住宅、鴨崎・津軽石・近内の公営住宅

鴨崎公住では、都合の悪い方がいて少なめとのこと。3人はみなし仮設におられたそうで、カリタスの事はご存じなかった。すでに3度程訪問しているので、カリタスの名前は覚えて下さり、先日大船渡のカリタスが地元紙に出ていたと教えて下さった。管理人の女性はわかちあいマーケットに来られたそうで、「助かった」とのこと。楽しい性格で、食べ物の話、弁当作りの大変さなど、皆の笑いを誘いながらおしゃべりした。 茶碗一つなく、洗剤も洗う道具もない。集まってしゃべるだけ、それ以上はしないからいいのとのこと。また、この住宅で独自の自治会を持つ予定はなく、かと言って、地区の自治会への加入にも積極的ではないらしい。地区の方から、カリタスの幟が立った時に「何をしているのか?」と怪訝そうに訊かれたことから、今後幟を立てないで欲しいとのことだった。地元に溶け込んで欲しいと感じた。

⇒津軽石公住では、盛岡四ツ家教会の2人の応援を得て実施。さほど広くない集会所に、社協職員を含めて18人が座り、いくつかにわかれて大声で談笑された。以前は分かれて座った荷竹仮設と清寿荘仮設の方がすっかり馴染んでお話ししていたのが印象的。男性二人は静かだったが問いかけには樺太で定置網漁に従事したことなどを話された。公民館で活動している「いきいきサークル」の方が、今後始まる手芸の会の勧誘に来られ、皆さん楽しみなご様子であった。個人的に手芸を続けている方も多いようだ。 管理人さんが、様々な運営経費がかかり心配しておられたので、これまで免除されてきた集会所使用料支払いを申し出たところ、恐縮しつつ受け取られた。

⇒なかよし公園では、
最低気温が-
9.2度。9時半に部屋が開きエアコンをフル稼働させたが午前中は炬燵から出られなかった。11時半に偶然通りかかった◯さんが来て、今日がカリタスの日だとは知らなかったと、数人に電話連絡して下さり、昼過ぎに集まって来られた。タクシーで来た人もおり、カフェが負担になっていないか尋ねたが、カリタス以外の行事はなくなった今、外出に機会もなく一人ぼっちで居るので楽しみにしている、是非続けてほしいとのことだった。(実質唯一の住人の)母親と幼児2人が来て皆に可愛がられ、子育ての思い出などが話題だった。
社協職員がこの集会での聞き取りにいらした。
談話室に提供したカラオケ器具はいつの間にか無くなり、CDラジオもとのこと。16時から社協と今後の活動のあり方について話し合った。

⇒中里では、
凍った道路を30分かけて来られた方が4人、2人は仮設住人。家では何をするでもなく退屈なので、イベントには参加しておしゃべりするのが楽しみと仰る。1人の方が、今日、新築用の土地の引き渡しがあって若い者が行っていると述べられたのを機に、被災当時の思い出がひとしきり語られた。鮭が不漁で、重茂地区では軒に吊るした新巻き鮭が盗まれたとのニュースに皆驚かれる。生粋の鍬ヶ崎人の2人が中心に、知人の消息を情報交換されていた。方言、訛りを理解出来ないことも多かった。 ここでも、座布団がずいぶん減った、アイロンもなくなったとの話が聞かれた。

⇒鍬ヶ崎小では、盛岡四ツ家教会から日帰りで2人の協力を得て実施。家を建てて転居された方が増えたが、もともと鍬ヶ崎地区の方で同じ地区に建てておられる。この地区への愛着が強いのだろう。ただ、鍬ヶ崎公住入居者とは少し距離感があるようで、公民館でのイベント参加での交流を通してその距離を縮めたいとの声があり、嬉しく感じた。初めて聞く方言があり(「おしょうす」=恥ずかしい)、しばしその話題。また、幽霊を見た体験談があり、“存在を否定はできないんだよねえ”との結論。防潮堤がかなり立ち上がり、再開発で道路が目まぐるしく変わる様にそれぞれ複雑な思いがあるようだ。また来月も楽しみにしていますと仰って皆さん一斉にお帰りになり、我々も早上がりした。

⇒近内公住では、
開店時刻前からお出でになり、中には久振りの顔もあり、懐かしく挨拶を交わした。1時間はコーヒーを淹れるのに忙しく、その後1時間ほど何人かとお話しをしたが、初めてお会いする方々とはほとんど話せなかった。ペット同居可の公住のため、ペットの話題も多かった。皆さんすっかり顔馴染みの様子で大きな声でおしゃべりされていた。終了も鍵閉めの時間がありとても慌ただしく、余裕がない印象ではあった。



2017年1月15日(日)~1月21日(土)

⇒今週のボランティアは1名から3名
⇒移動カフェ・・・実田・荷竹・崎山・浄土ヶ浜・鍬ケ崎の仮設住宅と西町2号棟の公営住宅

実田では、到着すると2人の方が既にこられていて部屋を暖めていてくれました。午後から雷が鳴り、雪が深々と降って来ました。北海道の大雪時の雪掻きの方法でお話しが盛り上がりました。震災の年にうまれた子のおばあちゃんが来ました。◯君は生まれた時からこの仮設の談話室で遊んでいたのです。4月から1年生になるそうです。○さんが糖尿病で足の状態が良くなく、暮れ前から宮古病院に入院されている事を話してくれました。皆さん心配されていました。

⇒荷竹では、昨夜から
15センチ程の雪が降って、ご近所の皆さんが奇麗に除雪を行うので朝から大忙しでした。宮古では昨年暮れからの一番の大雪だったと言います。津軽石公営住宅で元仮設住人の3人をお誘いして荷竹へ向いました。社協の職員が水.廻りの凍結の修理をされていました。◯夫妻が鮭汁(石狩鍋?)を作って来てくれて昼におにぎりと一緒に皆さんと美味しく頂きました。公営住宅の生活、震災の時の避難所の生活が辛かった事、先生の診察の事、復興工事の事などを話題にされていました。

⇒崎山では、
向かいの住宅に引っ越しした方が待っておられました。◯さんもすぐに来られて、煮たりんごと栗の入った赤飯を持ってこられました。今日は元自治会長さんもこられて賑やかに美味しく頂きました。皆さんがそれ々が対になってなまりの多い宮古弁で語り合っていました。帰り際にいつもの方が大きなりんごと鮭の切り身普通の
2倍もある大きな物を夕食に食べてと言って自宅から持ってこられました。いつも恐縮してしまいます。

⇒西町2号棟公営住宅では、新しく出来た宮古病院直近のトンネルを抜け山口方面から初めて通ってみましたが、近内、宮古駅へ行くにはこの道が近い事が分かりました。談話室は施錠されていたので社協へ連絡、まもなく管理人さんが見えて開けて頂いた。皆さん顔馴染みではないので表情が固い感じがしました。まもなく来られた社協の方がこの談話室でお互いに知りあってコミュニケーションを取って頂き交流が出来れば良いですねと力説され、お互いに自己紹介を勧めておられました。

⇒浄土ヶ浜では、談話室が施錠されていたが、まもなく社協職員が到着、談話室は冷え切っていて寒かった。すぐにコーヒーを飲んで、暖を取って頂いた。少し暖かくなってから夫々さをり織りの作業をされていました。作品には水墨画の様な作品を造っていて上達振りに感心しました。昼にはおしることおにぎりを食して頂きました。

⇒鍬ヶ崎では、朝から雪が降って6時頃から除雪。到着したら2名の方が来られていました。今日は漁協の女性部の新年会があるので来られる方が少ないと思いますよとの事。まもなく社協から連絡があって今日は西ケ丘公営に変更になっていますとのことで訪問予定を調べると確かに変更なっていました。良く内容をチエックしなかったミスでした。西ケ丘公営の住民さんから社協に連絡があって西ケ丘公営は来られた方の善意で休止とさせて頂きました。



今年も1月8日(日)から宮古ベースの活動を開始しました。
今年も皆様のご協力を頂きながら活動を続けさせていただきたいと思います。
変わらぬご支援・ご協力をよろしくお願いします。

2017年1月8日(日)~1月14日(土)

<TOPICS>
■今年は、仮設住宅と復興公営住宅での二通りの移動カフェを開催し、皆さんのお話を伺っていきたいと思います。


⇒今週のボランティアは2名から4名
⇒移動カフェ・・・高浜・清寿荘・愛宕小・児童相談所の仮設住宅と、八木沢・和見の公営住宅

八木沢公営住宅では、カリタスが初めて訪問する公住。暖房は入ってなく室温8℃。ガスは使用できず持参したコンロ使用。社協2名が見え誘いに行ってくれました。44戸中27戸が入居されているそうです。ほどなく以前、田鎖におられた方が見え懐かしく話が弾みました3度目の抽選でようやく当選し建物設備もよく、喜んでおられたが買い物が不便で困ると話された。その後、山田町から来られた男性が見えた。カリタスの事は知りませんでしたが、山田町でNPOでひどい目に遭っているのでNPOなら大嫌いと云われた。社協がカリタスの事を説明してくれて、その後は和やかな会話になりました。 

⇒高浜では、いつもの6名と孫小学生の2名が見えた。新年の挨拶を交わしておられた、親族の話など情報交換しておられた、最近家族を亡くされた方もおられ複雑でした。ボランティアが一人到着し昼食を準備。手早く
14人分が出来上がり皆で美味しく頂きました。ジョークを飛ばしながら懇談され、小学生2人とバトミントン、ダーツゲーム、トランプ等などで遊び子供たちが元気で笑顔になりました。3時が過ぎ皆さん残っておられたのでお先に失礼しました。

⇒和見公営住宅では、寒風吹いて寒いので
12時に行きましたら管理人さんが部屋を暖めて待っていてくれました。13時前から次々に来場されコーヒーの接待に追われました、13時半に40名になりました。新年会も兼ねておられ自治会長(この地域の住民)、公営住宅の管理人の挨拶、私達はカリタスの紹介と活動について話しました。参加者の自己紹介があり、地域住民と公営住宅入居者の融和を図る集会でした。 仮設住宅で馴染みの方も45名おられましたが、私たちも特別な扱いをしない旨、確認しました。お客さんではないので自らお茶を運んだり後片付けを手伝う様にと話されていました。その後もタオルを使って身体を動かす体操をされ楽しんでおられた。宮古教会Iさん、社協2人の手伝い、一人づづ皆さんに語りかけ喜んで帰られ良い集まりでした。

⇒清寿荘では、
津軽石で
3人をお乗せし10時前に到着。仮設外の男児2名も参加。支援員が最近転居された方を紹介しますと赤前にいた高齢者お二人を連れてこられた。日中この仮設におられる婦人はいなく、一人ぼっちと云い、とても心配です。 昼ごろ元板屋仮設におられた方々3人が赤飯持参して来られ皆さんと知り合いで親しく懇談されていました。宮古教会の◯さんが手伝いがてらに来てくださり社協2名も加わり賑やかになりました。

⇒愛宕小では、部屋を暖めていて下さり快適でした。ほどなく
6名が見えお互いに新年の挨拶を交わしておられた。久し振りに3,11直後の話をされて当時の苦労特に病人を抱えておられた方の苦労を話されていました。病院は大混雑だったのでしょう。その後○さんが家庭関係を面白おかしくはなされて大爆笑で午前が過ぎました。鍬ヶ崎公住に転居された○さんが自転車で1時間以上費やして見えました。

⇒児童相談所では、
今冬1番の冷え込みで仮設住宅の水道が凍結していました。一家3世代5名が見え○さんも孫を連れてこられ幼児の遊び相手になりました。常連さんが揃い新年の挨拶も済ませ、クラフト籠の制作を始められた。籠は見事な出来栄えの品がありました。
11時過ぎよりお汁粉を食していただき12時にお先に失礼しました。